宝満山修験会により採燈大護摩供

527日(日) 1030分~

例年のように5月の最終日曜日、

宝満宮竈門神社境内で宝満山修験会により採燈大護摩供が厳修されました。

 採燈大護摩供は修験道最大の修法です。

次第 採燈大護摩供奉納奉告祭 筑前琵琶奉納

   入場、神殿より忌火入場、山伏問答、法弓の儀、法剣の儀、

   法斧の儀、閼伽の儀、法螺の儀、松明により護摩壇に点火

   採燈師作法(火天段、本尊段、諸尊段)

   添護摩木祈祷

   破壇作法

    火生三昧

H30.5.27ogano23.jpg

H30.5.27ogano3.jpg

 H30.5.27ogano14.jpg

H30.5.27ogano9.jpg

H30.5.27ogano12.jpg

H30.5.27ogano15.jpg

  H30.5.27ogano20.jpg

H30.5.27ogano2.jpg

H30.5.27ogano22.jpg

 H30.5.27ogano8.jpg

 H30.5.27ogano19.jpg

  H30.5.27ogano21.jpg

不動明王の智慧の火によって、煩悩を焼き尽くす〈火生三昧耶法〉

H30.5.27ogano17.jpg

「火生三昧」…「火渡り」の神事が行われ、除災招福を願います

H30.5.27ogano13.jpg

H30.5.27ogano18.jpg

 

新緑滴る竈門神社

H30.5.27ogano5.jpg

H30.5.27ogano11.jpg

 H30.5.27ogano4.jpg

  写真 小鹿野亮

今日も、天気良いですね

H30.5.21yoshida2.jpg

 

H30.5.21yoshida10.jpg
H30.5.21yoshida1.jpg

 

H30.5.9yoshoda14.jpg

H30.5.21yoshida5.jpg

H30.5.21yoshida7.jpg

H30.5.21yoshida9.jpg

H30.5.21yoshida14.jpg

昨日、宝満山を散歩してきました😊

久々の昼間を💦やはり山登りの方が多かったです😅
H30.5.21yoshida12.jpg 

H30.5.21yoshida8.jpg

楽しい山登りでした!
H30.5.21yoshida11.jpg
ボチボチ頑張って行きましょ〜
😁👍

  撮影 kouji  yoshida

 

 

宝満山「入」が513日行われました

H30.5.14minairi1.jpg

本日、宝満山修験会による第37回「宝満山峰入」が行われました。

H30.5.14minairi2.jpg

H30.5.14minairi3.jpg

緑の中に響く法螺貝

H30.5.14minairi4.jpg

山伏問答や山伏作法

H30.5.14minairi5.jpg

H30.5.14minairi6.jpg

5月27日には竈門神社境内において「採燈大護摩供」行われます。

 

H30.5.9yoshoda1.jpg

H30.5.9yoshoda12.jpg 

H30.5.9yoshoda18.jpg

しぶりに、宝満山に登りました

やはり、宝満山は素晴らしい…💖

木の切り株の上に花を添えてくれた登山者の優しさ…

H30.5.9yoshoda3.jpgH30.5.9yoshoda4.jpgH30.5.9yoshoda6.jpg
H30.5.9yoshoda10.jpg

😀上から見る景色と山道の景色、

H30.5.9yoshoda11jpg.jpg

 

し満載の楽しい、嬉しい、そしてキツイ(笑)

山登りでした

H30.5.9yoshoda19.jpg

世話になりました宝満山の神様…😊🙇

H30.5.9yoshoda13.jpgH30.5.9yoshoda17jpg.jpg

 

撮影 kouji  yoshida

 

 

 

昨日からの大雨も上がり、今回5回目となる十六詣りが行われました。

H30.4.15.jpg

この行事は平成25年の竈門神社1350年大祭を祈念して復興され、今年は中学2年生から高校3年生までの男女35名が久留米絣の短着やテクリ姿という昔ながらの装束に身を包み元気に頂上を目指しました。保護者や宝満山修験会・宝満山弘有の会も含めて総勢60名の登拝です。

H30.4.15yasumoto5.jpg

先達山伏の法螺貝が新緑の宝満山に木霊す中、途中には六所宝塔跡や中宮跡などで史跡解説も行われました。

H30.4.15yasumoto8.jpg

H30.4.15yasumoto6.jpg

十六歳になった男の子は一生お金に不自由しないように、女の子は良縁に恵まれますように、宝満山頂上の上宮で祈願を受けた後、頂上にある再会の木に願い事を書いたこよりを結います。

H30.4.15yasumoto9.jpg

一人一人が真剣に将来の夢や願いをこよりにしたため、再会の木に結んで奉納しました。

H30.4.15yasumoto7.jpg

愛敬の岩では、目隠しをして岩までたどり着けると思いが叶うとされると聞き、積極的に行うのは女子が多く男子は後ろから微笑んでいる姿が印象的。

H30.4.15yasumoto10.jpg

 

下山後は、常若の会による赤飯 紅白なます ダブ汁。 お代わりをする子もいるほど

大変おいしくいただきました。

H30.4.15yasumoto13.jpg

 

昔は着ていた着物は洗わずに田植えの時に着て、山の神様の恵みを受けていたそうです。



16
歳の成人儀礼を終えた皆さんたちがお父さんお母さんになって、自分の子供をまた十六参りに送り出してくれたらいいな、と思いました。(*^_^*)

協力:宝満宮竈門神社  宝満山修験会 石村萬盛堂 常若の会

主催:宝満山弘有の会

 

竈門神社の石楠花がそれはそれは綺麗🌸

H30.4.10yasumoto1.jpg
杖道をやっている友人が熊本よりきたので、一緒に参拝。
まるで花園に迷い込んだかのようでした。
4月15日の十六詣り、たくさんの花々が祝ってくれそうです。

H30.4.10yasumoto2.jpg

写真:Tamiko yasuoto

宝満山十六詣り

      参加者募集

昔このあたりでは16歳になった男女が村ごとに揃って宝満山に登拝し、上宮で、これまでの成長を山の神様に御礼申しあげる「十六詣り」という成人祝いの行事が4月に行われていました。

H29.4.24jyuriku1.jpg

この時、女子は良縁を得ることを、男子は一生金銭に困らないようにと祈願したといいます。

H29.4.24jyuuryoku5.jpg

 戦後、学制の変化や成人年齢が20歳になったことなどによって、この行事も次第に行われなくなりましたが、平成26年、竈門神社1350年大祭と宝満山が国の史跡に指定されたことを記念して、宝満山弘有の会(宝満山修験会と宝満山を愛する人々の会)によってこの行事が再興されました

 実施日 平成30年4月15日 8:50~

主催  宝満山弘有の会

協力  竈門神社・竈門神社氏子会・常若の会

・宝満山修験会

*小雨決行、大雨の場合は竈門神社参拝と直会のみ

当日のスケジュール

850 竈門神社社務所集合 

 900 お祓い・出発正面登拝道→中宮跡→男道(竃門岩・益影井)

→上宮・縁結びのこより

1200 座主跡キャンプセンター再会の木

        →愛敬の岩→東院谷→中宮跡→下山

1500 竈門神社参拝後、直会

(赤飯、紅白ナマス、ダブなど)

1600  解散

参加費:1,000赤飯、紅白ナマス、ダブ汁付

H29.4.24jyuriku4.jpg
 
十六歳の男女が宝満登頂をしてこれからの幸を祈願するお手伝いをします。

 一緒に登拝して幸せのおすそ分けを頂きましょう。

 ※宝満山修験会の山伏が途中史跡の案内など致します。

 

お申込方法:

当サイトのお申込フォームから申し込まれるか、住所・氏名・年齢・電話番号をご記入の上FAX921-0305(カフェ観音)までお申込ください。 

 

竈門神社のご祭神 玉依姫様が現れた時、山が振動してなんとも良い香りが漂ってきて花びらが舞い散り、そこに現れたのが玉依姫様。

その日にちなみんだ(旧暦の2月10日)緋桜会。

他の花々もたくさん咲いて、やわらかい緑の葉とともに境内はとても美しく

 

ご神木の緋桜は満開。

H30.3.25yasumoto1.jpg

竈門神社の境内は春のやわらかい光に包まれていました。

森弘子先生と境内を歩きながら竈門神社や宝満山のお話を聞きます。

H30.3.25yasumoto12.jpg

もともと「さくら」の「さ」には「田」、「くら」には「居所」の意味があり、きっと神様は桜の花をいっせいに咲かせ、農作業の始まりを告げたのでは、というをお聞きくと、桜の花びらを散らす玉依姫様のお姿が浮かぶようでした。

H30.3.25yasumoto4jpg.jpg

H30.3.25yasumoto8.jpg

それで、私たち日本人は桜が大好きなのでしょう。

桜をみると体も心も動きだすのがわかったような気がしました。


H30.3.25yasumoto5jpg.jpg