宝満山麓六所宝塔 

カエル池史跡散策 冬至夕陽拝観🌄

伝教大師最澄ゆかりの六所宝塔跡の解説聞き、清掃をします。

NHK ダーウィンが来た「大追跡!謎の登山ガエル」 

1127日夜放送の取材を受けた🐸宝満山のヒキガエル の池

周辺 など 史跡を巡り、

背振山頂に沈む夕陽を拝観します。

12月17日(土) 14時~17時

  集合場所 竈門神社本殿前 参加費500円 

参加人数 20名  

歩きやすい服装  清掃道具(ビニール袋・軍手等)持 参

申込方法 

  お申し込みフォーム に必要事項をご記入の上、お申し込みください。

R2.12.20yasumoto1.jpg

R2.12.20yasumoto6.jpg

R2.12.20yasumoto7.jpg

  

📺放送予定 お知らせ

ダーウィンが来た! 大追跡!謎の登山ガエル 

N H K総合】11月27日日曜19:30~19:58

 

 放送予定は予告なく変更される可能性がございます。

 日本有数の霊峰、宝満山。かつて山伏が修行した聖なる山を、

大群で登るカエルがいる!

 取材班は現場に急行、登山道を埋め尽くす無数のカエルを目撃する。

 なんと1円玉より小さなカエルが、標高800m以上の山頂まで登る というのだ。

 いったい何のために?そこで研究者と登山するカエルを徹底追跡。

 すると修行さながらの試練を乗り越え、2ヶ月かけて大冒険することが判明

謎の登山ガエルに密着し、その秘密に迫る。

H31.4.29kamiyoshi10.jpg

2021.5.15kaeru8.JPG

2021.6.20kaeru8.jpg

 

2021.6.20kaeru9.jpg

R21220kaeruike.jpg

『祈りの山 宝満山 講演会

講師 森 弘子 

宝満山弘有の会 代表

太宰府市景観・市民遺産会議議長/福岡県文化財保護審議会委員

著書『宝満山歴史散歩』『祈りの山宝満山』

  『大宰府と万葉の歌』『さいふまいり』他

国史跡指定10周年を前に 霊峰宝満山の魅力を語ります。

  日時  11月12日(土) 10時15分~11時30分   

  場所  太宰府館 3階 太宰府市宰府3丁目2番3号

  参加費 500円

       ※高校生以下は無料

  定員   100名 定員になり次第、締め切ります

    後援  太宰府市教育委員会

       ※講演会後に著書「祈りの山 宝満山」のサイン会を予定しています。

要申込

 お申し込みはお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。 

 または、カフェ観音(観世音寺前)FAX921-0305

886764_1377846885797110_1630112750_o.jpg

 もえはこがるる かまとやま

かすみも霧もけふりとそ見る

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、施設が閉館となった場合は講演会を中止または延期とさせていただきます。何卒、ご了承ください。

 

宝満山の国史跡指定について

平成25年10月17日の官報告示により、太宰府市と筑紫野市にまたがる宝満山が国史跡として指定されました。
指定の名称は史跡「宝満山」で、太宰府市と筑紫野市にまたがる山中の竈門神社社地と山裾の民有地、公衆用道路、水路の一部が対象となっています。太宰府市側では大字北谷字宝満1番、2番2,大字内山字竈門山1番、2番1,2番2,大字内山字本谷780番1,780番16,794番、大字内山字御供ヤ谷883番、大字内山字大門918番1,919番1,919番2,919番3,919番4,919番5,920番1,920番3,921番1,大字内山1,404番、1,642番2,1,642番3他20筆がその対象地です。
対象地域の面積は太宰府市が253,300.26平方メートル、筑紫野市は391,041.30平方メートルで、指定の総面積は644,341.56平方メートルです。
史跡宝満山は市内においては特別史跡大宰府跡、水城跡、大野城跡、史跡大宰府学校院跡、筑前国分寺跡、国分瓦窯跡、観世音寺境内及び子院跡附老司瓦窯跡に次ぐ8番目の史跡であり、新規の国史跡指定としては昭和45年9月に大宰府学校院跡と観世音寺境内及び子院跡附老司瓦窯跡が指定されて以来43年ぶりの指定となります。 (太宰府市HPより)

 

 

 

 🌸416日『十六詣戦前まで行われていた成人儀礼。平成25年の竈門神社1350年大祭を記念して復興され、今年はお天気にも恵まれ、8回目を迎えました。

2022.4.16jyuuroku23.jpg.jpg

シャクナゲの咲く宝満山に高校生11名が久留米絣の短着やテクリ姿という昔ながらの装束に身を包み、宝満山修験会・宝満山弘有の会も含めて総勢40名の登拝です。

2022.4.16jyuuroku24.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku25.jpg.jpg

先達は宝満山修験会の山伏さんです。

法螺貝の音に包まれながら上宮を目指します。

2022.4.16jyuuroku7.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku21.jpg.jpg

六所宝塔跡や中宮跡などで史跡解説も行われました。

2022.4.16jyuuroku4.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku30.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku31.jpg.jpg

十六歳になった男の子は一生お金に不自由しないように、女の子は良縁に恵まれますように、宝満山上宮で祈願を受けた後、再会の木に願い事を書いてこよりを結びます。

2022.4.16jyuuroku32.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku15.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku16.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku33.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku14.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku13.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku6.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku8.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku22.jpg.jpg

愛敬の岩では、目隠しをして岩までたどり着けると思いが叶うと聞き「導きの声はなくても一人で行きます」と言って、見事に岩にタッチした学生さんが頼もしく見えました。

2022.4.16jyuuroku97.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku36.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku37.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku12.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku11.jpg.jpg

下山後は、常若の会によるぜんざいをいただき、緑輝く1日縁結びの神様 玉依姫様が微笑んでおられるようでした。

2022.4.16jyuuroku10.jpg.jpg

2022.4.16jyuuroku35.jpg.jpg

Photo提供:つとむ.M

2022.4.16jyuuroku40.jpg.JPG 

2022.4.16jyuuroku1.jpg.JPG

2022.4.16jyuuroku2.jpg.JPG

 

宝満山十六詣り 参加者募集

十六歳になった女性は良縁、

男性は一生金銭に困らないよう宝満山の神様に祈願をしていました。

「十六詣り」 

🌸六歳になると成人になったとされる男女が、 これからの御縁を願って宝満山の神様へお詣りします。 

大人が前後を引率して、十六歳の少年少女と一緒に登拝します。 

02.jpg

🌸4月16日(土)

大人引率参加者 8:45 竈門神社 本殿下に集合

十六歳参加者  8:30 駐車場横でトイレを済ませて

            受付 着替えをします。    

参加費:大人1000円(縁結び手ぬぐい・保険代)

小雨決行、大雨の場合は昇殿参拝のみ

✳昼食・飲物持参

要申込

お申し込みはお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

※大人参加・十六歳参加のいずれかを備考に記載してください。

H31.4.14yasumoto6.jpg

03.jpg

H30.4.15yasumoto7.jpg

   H31.4.14yasumoto8.jpg

コース予定

宝満宮竈門神社昇殿参拝上宮再会の木愛敬の岩

中宮→下山→竈門神社参拝

 福岡県下では戦前まで行われていたこの行事を宝満山弘有の会と常若の会が中心となり平成26年に復活させ、今年で8回目になります。 

十六詣りが終わると村では一人前として迎え入れられたそうです。

 H30.4.15yasumoto5.jpg

 H31.4.14yasumoto4.jpg

 

2021.4.29jyuuroku4.jpeg

2021.4.29jyuuroku5.jpeg

2021.4.29jyuuroku10.JPG

 kouyu_flag.jpg

 ※写真は過去の様子です。

 

『九州戦国城郭史 大名・国衆たちの築城記』

刊行記念講演会

227()終了

ご参加ありがとうございました。

220227okatera2.JPG

講師:岡寺良(宝満山弘有の会事務局・

九州国立博物館主任研究員

客席200名の太宰府館ホール、

感染防止対策を入念に行い受講生61名で開講しました。

220227okatera11.jpg

ステージ上の3メートル講演会題字は、

お習字の先生に依頼した特製です。

220227okatera4.JPG

220227okatera5.JPG

220227okatera4.JPG

220227okatera8.JPG

九州戦国史と城郭-プロローグ から、

九州戦国時代の終焉と城郭-エピローグ までの世界を、

90分で駆け巡りました📖 🖌220227okatera9.JPG

220227okatera10.jpg

講演会の最後には、

宝満山弘有の会代表 森弘子先生から

岡寺良先生に刊行記念の

お祝いの花束が渡されました。

 

『九州戦国城郭史』記念講演会

九州の戦国争乱を城郭から描き出した「九州戦国城郭史」の刊行を記念し、著書から、特に高城・耳川の合戦や太宰府の岩屋城や宝満城の合戦など、戦国大名大友氏VS島津氏との争いから豊臣秀吉の九州平定に至る合戦と城郭について講演します。

 

2月27日() 1030分~12

講師 岡寺良(九州国立博物館主任研究員)

場所 太宰府館 3階   太宰府市宰府3-2-3

料金:講演会・出版本 2500

 (講演会のみ700円・出版本のみ2090円)

定員:100名  定員になり次第締切

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、施設が閉館となった場合は講演会を中止または延期とさせていただきます。何卒、ご了承ください。

要申込

 お申し込みはお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

申込備考欄に、講演会・出版本2,500円か講演会のみ700円のいずれかを記入してください。

20211231okatera.JPG

 

 

 

 

 

今季初の難所ヶ滝 

20220122hashikawa1.jpg

雪がほぼないのに意外と【氷柱つららは成長していました (^^)/

20220122hashikawa3.jpg

20220122hashikawa4.jpg

20220122hashikawa8.jpg

もう少し冷え込みが続けばもっと大きくなります。楽しみです。

カチコチ🧊

20220122hashikawa9.jpg

写真fuminori  hashikawa

 毎年のルーティーン。

新年2日の宝満山の日の出参拝

20220102hashikawa1.jpg

出発が遅れましたがギリギリ間に合いました!

雲の切れ間から暖かい陽射しを拝むことができました🌅20220102hashikawa9.jpg

20220102hashikawa3.jpg

20220102hashikawa10.jpg

宝満山の影 幻想的

20220102hashikawa11.jpg

ホントに太陽のありがたさを感じます

20220102hashikawa5.jpg

  写真fuminori  hashikawa

  🎍 新年あけましておめでとうございます

令和四年、謹んで初春のご挨拶を申し上げます

今年も竈門神社上宮歳旦祭に参列し、 玉串奉奠、拝礼させていただきました。

 

20220101matuya2.jpg

 

登山者は2割増といったところで、 曇りの心配もなく、神々しいお天道様を 拝んでまいりました。

20220101matuya4.jpg

 

20220101matuya3.jpg

 ご神事の後、神職様から新年に因み、 神道の「常若(とこわか)」の考えについて お話しをいただきました。

お神酒をいただき、 ご神饌のお下がりを頂戴致しました。             

                                     Photo matsuya

 

昨年は、宝満山弘有の会に参加・ご協力いただきましてありがとうございました。

 

昨年の活動報告です。

429日 十六詣り 

122日 宝照院大黒天福迎祭

1218日 六所宝塔清掃  神吉さんを偲ぶ会

 

今年の活動予定です。 

2月27日 「九州戦国城郭史」刊行記念講演会 講師:岡寺良

 

 

 

今年の登り納めに宝満山へ🗻

猫谷川の方から登りましたが3合目過ぎたあたりから雪がところどころに残ってました

20211231hashikawa5.jpg

山頂ではクッキリと有明海と雲仙が見えました! 寒かったけどいい登り納めでした😆

20211231hashikawa13.jpg

20211231hashikawa2.jpg

20211231hashikawa4.jpg

20211231hashikawa8.jpg

皆様、いい年をお迎えください

20211231hashikawa1.jpg

 写真fuminori  hashikawa