• カテゴリー 『 活動報告 』 の記事

🌠「有智山城を探る」

 

723()15時~1630  カフェ観音にて

H29.7.23okadera3.jpg 

猛暑のなか、たくさんの方に来ていただきました。

H29.7.23okadera2.jpg

 

H29.7.230kadera7.jpg 

講師 岡寺 良(九州歴史資料館学芸員)

少弐氏によって築かれたといわれていた有智山城。

有智山城は戦国時代、宝満山頂にあった宝満城を守る砦なのでは。

承天寺別院で発掘された内山辛野遺跡が少弐氏の館であったかも。

それにしても近隣に残る山城跡の多いこと。

米ノ山城、高尾城のお話もありました。

 

H29.7.23okadera1.jpg

講師紹介:2017/06/08付 西日本新聞朝刊より

中近世城館の分布調査終了 県教委、最終報告書

県教育委員会が、県内にある中近世の城館遺跡の分布状況などを5年がかりで調べ、このほど4冊目の報告書で、最終巻となる「福岡県の中近世城館跡4-筑後地域・総括編」を刊行した。調査は全体で約900遺跡に及び、全体像も盛り込んだ今回の報告書は、縄張り図(平面図)や古絵図、写真も交えて各地の城を紹介する力作だ。

 鎌倉時代から江戸時代に築かれた城に関する遺跡を把握し、保護と周知につなげようと、県立九州歴史資料館(九歴、小郡市)が中心となり、筑前、豊前、筑後の3地域に分けて文献調査と現地調査を行ってきた。確認した中世城館は計845遺跡、近世城館は計36遺跡。伝承地や関連遺跡を含めた総数は1千以上という。

 総括編では、中世城館の特徴を分析した。浮かび上がった傾向の一つが、山城の斜面の上下方向に複数本の竪堀を作り、敵が斜面を横移動するのを防ぐ「畝状空堀群」の多用だ。遺構は越後や飛騨など全国にあるが、福岡では古処山城(朝倉市)や益富城(嘉麻市)など秋月氏の本拠や支配地域、その同盟勢力と対抗勢力の山城に多い。

 織田信長が築いた安土城(滋賀県)に代表される織豊期の城より前に築城された高祖城(糸島市)や一ノ岳城(那珂川町)といった福岡湾周辺の拠点城郭では、石垣が造られていた。織豊期以降の石垣と異なるのは、遠方の石切り場から運んでくるのではなく、その場にある自然石を使っている点という。

 各地の城館遺跡では武器や武具、日用品である土器や陶磁器などが出土している。九歴の岡寺良学芸員(考古学)は「城館を調べることで軍事だけでなく、当時の政治と社会も見えてくる」と話す。

「福岡県の中近世城館跡4」は九歴で販売中A4判334ページ2500円

 

 H29.7.23okadera4.jpg

講座の後は、お菓子とコーヒーで皆でおしゃべり。

涼しげなお菓子の提供。

観音さんお世話になりました。

 

宝満山「入峰」が514日行われました

H29.5.14mineiri1.jpg

新緑の中に響く法螺貝。

H29.5.14mineiri2.jpg

山伏問答や山伏作法はなかなか見る機会がありません。

H29.5.14mineiri3.jpg

H29.5.14mineiri4.jpg

たっぷり近くで見学できました。

山伏さんと一緒にお詣りをして登拝します。

H29.5.14mineiri5.jpg

528日には「採灯大護摩供」が竈門神社境内において行われます。

H29.5.9mineiri.jpg

 

 

 

十六詣り お祝い ☀

H29.4.24jyuriku3.jpg

その昔、16歳になる男女が春4月に宝満山に登拝し、無事に成人を迎えたことを神さまに奉告し、これから長い人生の多幸と良きご縁を祈る「十六詣り」が行われていました。

H29.4.24jyuriku1.jpg

女の子は久留米絣 男のはテクリ そして昔は着ていた着物は洗わずに田植えの時に着て、山の神様の恵みを受けていたそうです。

先達山伏の法螺貝が新緑の宝満山に木霊す中、途中には六所宝塔跡や中宮跡などで史跡解説も行われました。また山頂では上宮へのお参りの後、一人一人が真剣に将来の夢や願いをこよりにしたため、再会の木に結んで奉納しました。
H29.4.24jyuriku2.jpg

H29.4.24jyuuryoku6.jpg

この行事は平成25年の竈門神社1350年大祭を祈念して復興され、今年は13歳から17歳までの男女35名が久留米絣の短着やテクリ姿という昔ながらの装束に身を包み元気に頂上を目指しました。

 H29.4.24jyuuryoku5.jpg

下山後は、常若の会による赤飯 紅白なます ダブ汁。 お代わりをする子もいるほど大変おいしくいただきました。

H29.4.24jyuriku4.jpg

ご協力頂きました24名の皆様、十六詣りの参加者に声かけ応援頂き

ありがとうございました。

常若の会の皆様、郷土食(直会)の準備ありがとうございました。

H29.4.24jyuuryoku7..jpg

七窟めぐり

H29.3.25okadera2.jpg

 

 

本日は宝満山弘有の会の宝満山・七窟めぐり。九時間かけて山中をめぐる。

H29.3.25okadera3.jpg

山頂へは行かず(笑)(^^)ついていくのが精一杯、けれどとても勉強になりました(^.^)

H29.3.25okadera1.jpg

宝満の密約も成立、来年度が楽しみ(笑)(^.^)/

QR.jpg

                                                                     写真 ryou okadera

 

🌸 緋桜会   🌸

竈門神社の御神木の緋桜🌸🌸🌸
H29.3.25iwamura1.jpg

宝満山の玉依姫が示現された日をお祝いして、宝満山 弘有の会では、緋桜会茶会を催します。

H29.3.25yuuki2.jpg

本殿に参拝した後、宝弘有の会代表 森弘子先生の案内の下、竈門神社散策です。

 森先生のお話を聞くと、普通に歩いていた場所にも歴史の背景があって、景色が違って見えてくる。*\(^o^)/*

H29.3.25yuuki3.jpg

お茶菓子の緋桜餅は、今回の緋桜会のためだけの特注桜餅。石村萬盛堂さんにつくっていただきました。使用する米も桜の葉も店頭で販売しているものとは違う特別なものだそうです。

H29.3.25yuuki1.jpg

写真 fumie iwamura   /    yuuki sasabuti

QR.jpg

 

 

-宝満山と伝教大師最澄-冬至に夕日を見る 

宝満山を知ろう 森弘子先生と行く史跡めぐり

皆様、参加ありがとうございました

 

曇り空の下122014時、史跡巡りが始まりました。

宝満山と伝教大師 最澄の足跡を辿ります。

この季節、竈門神社から背振山に沈む夕日が見える頃。

 

森弘子先生の史跡巡りと妙香庵のお話

 

saityou.jpg

 

宮礎石群遺跡 12世紀後半以降の礎石  東西5間×南北7   

最澄の来山 延暦22年(803)最澄 渡海の平安を祈り竈門山寺で檀像薬師仏四躯を彫り、法華経・涅槃経・華厳経・金光明経を講説

大門礎石建物跡 南に石段や参道と思われる石列 

   東にも礫で覆った参道状遺構。

本谷礎石群(推定六所宝塔跡) 六所宝塔とは

 弘仁9年(818)の最澄の遺記により日本国の中央と辺境の六箇所に建立された塔

国分寺・国分尼寺、金光明最勝王経にかわり、法華経の功徳で日本の平安を祈る。

  安東 上野宝塔院 在緑野郡 安南 豊前宝塔院 在宇佐郡

安西 筑前宝塔院      安北 下野宝塔院 在都賀の

安中 山城宝塔院 在比叡山西塔院 

安国 近江宝塔院 在比叡山東塔院

妙香庵 伝教大師尊像(像高58m)37歳の求道の志に燃える最澄の姿

最澄が中国五台山から持ち帰った火を「蓮華のともし火」

として伝えている。

宝満浄土 宝満山の寺院

geguusoseki.jpg 

妙香庵で「連華のともし火」を拝したあと、竈門神社のテラスに立ち背振山を眺めます。

雲が厚く、夕日の場所はあの辺りかと思いを馳せます。

冬至の夕日は来年のお楽しみといたしましょう。

 

 

 

 

宝満二十五坊めぐり

 

C13A0008.JPG

宝満二十五坊めぐり講座参加 

        ありがとうございました。 

 

☆1123日(水)15時~カフェ観音にて

修験の山・宝満山(国指定史跡)にあった25の坊跡(山伏の住んでいた場所)を岡寺良さん(九州歴史資料館学芸員)が紐解きました。

次回、宝満山を歩くときは、山伏の行き交う息吹と祈りがすぐそこに感じられそうです。

14名の参加者と宝満山修験会の参加もあり、

最後は美味しいコーヒーを

いただきながら親睦を深めました。

C13A0115.JPG

 

11月27日(日)宝満二十五坊めぐりは残念ながら雨の為、中止と致しました。申込いただいた皆様、来年実施予定です。今、しばらくお待ちください。

竈門神社の紅葉まつり111920

竈門神社斎館で宝満山の菓子と抹茶の振る舞い

2日間で200人を超える大盛況。

syuugou.jpg小さいお子さんから、車椅子のご老人にまで、ゆっくりお茶と紅葉を楽しんでいただきました。

名和先生、社中の皆さま、三十三茶屋さま

大勢の皆様ありがとうございました。

konnsa-to.jpg夜は参集殿でジャズを聴き

 

紅葉は昼と違う顔。

yoruraito.jpg

「山の日」制定記念in福岡2016「宝満山登山大会」

 syuxtupatu.jpg

多くの人に愛されている宝満山で登山大会が開催されました。

宝満山弘有の会による史跡案内で、山の日に宝満山に登拝。

sutannpuni.jpg 

26名の参加ありがとうございました。

猛暑の中スタッフの皆様ありがとうございました。

 

811日(木)祝 900竈門神社本殿前記念式典 安全祈願祭「宝満山史跡めぐり」

930   森代表から宝満山と平石坊弘有のお話 945   竈門神社出発 1030 愛嶽山  1130   中宮跡 摩崖梵字、行者堂 竈門岩 馬蹄岩 1230 山頂 1300 キャンプセンター(昼食) 1340 出発 愛敬の岩 法城窟(窟内周遊)  芭蕉の碑 閼伽の井 一の鳥居 六所宝塔 1600   竈門神社到着

 jyouguu.jpg

 

「宝満山伏と博多の街」Part2☆彡

宝照院を歩く 

夏祭 七夕飾り 修験秘法護摩祈祷 辻祈祷

gomadann.jpg

修験秘法護摩祈祷の壇

☆8月6日(土) 19:0020:30

博多区冷泉町 宝照院                                

御本尊は「北辰妙見大菩薩」

脇侍「大黒天尊(宝満山奥ノ坊本尊 塩売大黒)」「不動明王(宝満山吉祥坊本尊)」「神変大菩薩」

博多町屋ふるさと館に集合して、宝照院にお参り。

 

千灯明の明かりを灯す貝。今は手に入らないので、地域の皆さまで大切にお守りをしています。

senntoumyou640.jpg

貝皿に油を入れて、浸したこよりから灯る明かり。やわらかく感じました。

子ども達も一緒にお詣り、辻祈祷。櫛田神社の前。

 kusidajinnjya.jpg

 

sinnbunn640.jpg  

ありがとうございました。