🎍 新年あけましておめでとうございます

雲ひとつない、令和二年の元旦。

竈門神社の近くで、青空に映える美しい蝋梅

今年も何卒宜しくお願いいたします。

 

r2.1.1.jpg

 

令和二年の、宝満山弘有の会の事業予定

320 頭巾山城探訪 
3
21日 緋桜会 -抹茶のふるまい 
4
26 十六詣り 

十六歳になった女性は良縁、男性は一生金銭に困らないよう宝満山の神様に祈願をしていました。

宝満山弘有の会は、平成25年の竈門神社1350年大祭を祈念してこの行事を復興しました

9月頃    清掃登山

年数回予定 宝満山を知ろう 座学 史跡探訪

1222日前後 冬至の夕日を見る 竈門神社 

   詳細は、改めてお知らせいたします

r2.1.2.jpg

       令和2年元旦 宝満山上宮から眺める朝日

昨年の活動報告

11920 南薩三山登山旅行

324日 緋桜会 講座(森弘子・寺田蝶美・蝶美会45人)

  野点茶会 124協力 名和社中・筑前琵琶寺田蝶美会

414 十六詣 参加者61

(中学2年生13人 中学3年生7人 高校1年生1人 高校2年生8人 高校3年生7人 大人25名) 

  料理協力 常若の会    衣裳協力 河北正宜・藤田百合子

422 六所宝塔十周年法要  参加7

929 清掃登山 六所宝塔跡参加7人  清掃後希望者は登拝

1015/16 五島山王山1200年大祭  参加9

1019日 七窟巡り 雨天中止

1130日 講座 肥前の山伏修行 講師 岡寺良 

    於:café観音  参加21

1222 七窟巡り 冬至の夕日を見る会  於・竈門神社  雨天中止

雨天中止の事業が多く、ご迷惑をおかけ致しました。

今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

☔のため

 中止します☂

 

七窟巡り 冬至の夕陽観賞は、中止です☆彡

12月22日(日)今年最後のお楽しみ行事は

雨の為 中止です。

来年こそは、七窟巡り実行できますように~

来年の予定

3月20日(金祝)9時~

頭巾山史跡探訪

来年も宜しくお願いいたします。

H30.12.22yuuhi1.jpg

 

 

 

~登山道工事のお知らせ~

令和元年12月中旬頃から令和23月末まで、災害復旧工事を行います。

作業を行うにあたって、登山者の皆さまと道を一部共有することになります。ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。         竈門神社Facebook情報

R1.11.kamado1.jpg

作業時間:日曜・年末年始を除く8:0017:00

事業者:竈門神社 

担当:筑紫野市教育委員会

お問い合わせ先:092-921-8419

工事施工業者:株式会社 柴田造園 092-926-0172

R1.11.kamado12.jpg

 

R1.11.kamado3.jpg

11月も半ばを過ぎた頃、モミジの紅葉は色鮮やかに山々を彩っていました。
今日は宝満山に登ろう!そう決意しました。

朝、日の出とともにきのこ探しを開始します。キャンプセンターでは色鮮やかなモミジの葉がお出迎えをしているようでした。
ブナやモミの木が多いこの場所では普段平地では見ることのできないきのこがたくさん見られます。さて、今日はどうでしょうか…。

R1.11.20ami2.jpg

森の中を歩いていると、まず発見できたのは小さなきのこ。

名前はロクショウグサレキンモドキといいます。このきのこは、木材を緑青色に染める美しいきのこなのです。DSC_2262.JPG そして、次に見つかったのは、ミネシメジというきのこです。今回このきのこはとても多く観察されました。

R1.11.20ami1.jpg

ミネシメジを見つけて、少し歩いた場所に両手サイズの倒木が横たわっていました。その場所からなにやら柔らかそうなものが生えているようです。近寄って見てみると、ワサビタケというきのこでした。

R1.11.20ami4.jpg 

久々の宝満山では、一期一会のきのこたちの出会いを楽しみました。

肥前の山伏修行のお話

宝満山から見える山々シリーズ

肥前国では、古来、背振山から天山、黒髪山、多良岳へと続く道筋において山伏の峰入り修行が行われていました。

 古文書や現地調査成果を元に詳しくお話しします。 

11月30日(土) 14:00~15:30

講師 岡寺 良  (九州歴史資料館 学芸員)

場所 カフェ観音 太宰府市観世音寺1-8-1観世音寺前 

参加費  1,000(資料代 コーヒー・菓子付)

宝満山弘有の会は豊かな宝満山の歴史や自然を

観世音寺前にあるカフェ観音で、シェアします −

お申し込みはお申し込みフォーム必要事項をご記入の上、お申し込みください。

h2912231714.jpg

 

🌇冬至 - 宝満山の七窟を行く  再募集

要申込

日時:12月22日(日)  8時~16時   定員:15人 健脚向き

参加費:500円      集合場所:竈門神社本殿前

持参:昼食・飲み物・懐中電灯・雨具

伝教大師最澄ゆかりの宝満山。1人では巡る機会の少ない修験の山・宝満山中の七窟を訪ねて歩きます。下山後は竈門神社のテラスに立ち、冬至の日に背振山頂に沈む夕陽を眺め、年納めの拝観とします。

宝満山2往復できるくらいの体力が必要です。

雨天時の判断:前日1855 NHK天気予報50%以上で中止とします。

当日の天候や、様々な状況により七窟すべてを行くことが困難な場合があります。ご了解ください。

お申し込みはお申し込みフォーム必要事項をご記入の上、お申し込みください。

《宝満山 五井七窟とは》

山中には五井七窟と言われる修行で使われたとされる秘所、

五つの井戸、七つの岩屋の窟が点在しています。

五井は水害で崩壊したり、場所が不明だったりする場所もありますが

七窟は現在でも全ての窟が現存していて、実際に足を踏み入れる事ができます。

1、福城窟

  nanakutu-fukujokutu.jpg

2、宝塔窟(伝教大師窟)

 nanakutu-houtoukutu.jpg

3、釜蓋窟

nanakutu-kamafutakutu.jpg

4、普池の窟

nanakutu-fujinokutu1.jpg 

5、剣の窟

 nanakutu-kennnokutu.jpg

6、法城窟

nanakutu-hojokutu.jpg

7、大南窟

nanakutu-dainankutu.jpg 

七窟めぐりは一度に全部をまわるとなるとルートを把握できていても

宝満山に登る倍位の体力が必要です。

さらに、登山道を外れる箇所もありますので道迷い、遭難、滑落等の危険が高くなります。

最初は経験者の人と一緒に行っていただければと思います。

 

 

七窟巡りの下見をしてきました。

R1.10.14miyahara15.jpg

七窟とも問題なしです😀

R1.10.14miyahara7.jpg

気になったことをメモします。

・手袋があった方がいいです。

・防寒着は必要です。

・蜂があちらこちらに結構いました。  

(巣は見当たらなかったです)

・カモシカ新道は急登を下りますが、枯葉で滑りやすいです。

ルートですが、 宝塔窟(羅漢道) 法城窟  福城窟(益影の井)  山頂  釜蓋窟(うさぎ道) 仏頂山山頂 普池窟 剣窟 カモシカ新道  大南窟 が、いいかもしれません。

キャンプセンターで昼食やトイレ休憩に考えているなら法城窟は後回しでいいですが、上記ルートなら剣の窟からキャンプセンターまでの急登を登らずにすみます。さて、当日のコースをお楽しみに。

R1.10.14miyahara5.jpg

R1.10.14miyahara4jpg.jpg

R1.10.14miyahara3.jpg

R1.10.14miyahara1.jpg

R1.10.14miyahara10.jpg

R1.10.14miyahara8.jpg

R1.10.14miyahara17.jpg

R1.10.14miyahara22.jpg

R1.10.14miyahara13.jpg

R1.10.14miyahara23.jpg

R1.10.14miyahara6.jpg

R1.10.14miyahara9.jpg

R1.10.14miyahara21.jpg

R1.10.14miyahara12.jpg

R1.10.14miyahara2.jpg

R1.10.14miyahara18.jpg

R1.10.14miyahara14.jpg

R1.10.14miyahara16.jpg

R1.10.14miyahara21.jpg

R1.10.14miyahara20.jpg

R1.10.14miyahara11.jpg   

 

写真 tutomu miyahara  (^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

10時で山頂の気温27.5度暑かった‼

昨日と今日2日続けて宝満山へ。

10月7日

晴天にかかわらず登山者少ない。

R1.10.9kamiyoshi8.jpg

R1.10.9kamiyoshi1.jpg

R1.10.9kamiyoshi4.jpg

R1.10.9kamiyoshi2.jpg

百段がんぎのところにツリフネソウがさいてました。

数年まえはもっといっぱいあったのに。

R1.10.9kamiyoshi3.jpg

10月8日

R1.10.9kamiyoshi7.jpg

R1.10.9kamiyoshi6.jpg

🐎写真Akiko Kamiyoshi