• 2018年03月19日登録記事

 昨日は宝満山弘有の会にて、国史跡宝満山の近世の宝満二十五坊を案内

H30.3.19okadeta10.jpg

H30.3.19okadeta8.jpgH30.3.19okadeta9.jpgH30.3.19okadeta6.jpg

ほぼ10年ぶりに巡る。登拝道から中に入り込んだ坊跡には立派な石垣が、崩れそうになりながらも残されていました。

H30.3.19okadeta7.jpg

自分的な発見は、山中に立派な矢穴列を残す石切場を確認したこと。

H30.3.19okadera2.jpgH30.3.19okadeta4.jpg

矢穴の長さは10cmくらい…坊跡の石垣石材に使われたものなのでは?

  岡寺良(宝満山弘有の会 会員 九州歴史資料館学芸員)

 H30.3.19okadeta3.jpg

H30.3.19okadeta5.jpg