• 2020年02月登録記事

頭巾山城とっきんざん探 訪 要申込

宝満山には、戦国時代の山城

 

がいくつか残されています。

宝満山と三郡山の間の頭巾山

にある 頭巾山城を目指します。R2.3.20okadeta2.jpg

                   太宰府市五条いきいき情報センター屋上からの風景

曲輪や堀切など、かつての城の痕跡を一緒に探してみましょう。現地調査を元にした城館研究の視点から探訪します。

 

日時:月20日(金・祝)  9時~16時   定員:15人 

講師 史跡案内 / 岡寺 良  (九州歴史資料館学芸員)

参加費:500円      集合場所:竈門神社本殿前

持参:昼食・飲み物・雨具

雨天時の判断:前日1855 NHK天気予報50%以上で中止とします。

お申し込みはお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

太宰府駅福岡銀行前から巡回バス 9時2分・9時32分が便利 

天気も良かったので宝満山

山頂に近づいてくると先週降ったのか

木陰に雪が残っていました。

R2.2.11hashikawa4.jpg

R2.2.11hashikawa6.jpg

参考までに一昨年の宝満山 ↓1月

H30.1.13hashikawa2.jpg

H30.1.13hashikawa3.jpg

一昨年の宝満山 ↓2月

H30.1.13hashikawa6.jpg

H30.2.12hashikawa2.jpg

しかし、今年は暖かすぎて難所ヶ滝の氷

は見られないかもね。R2.2.11hashikawa1.jpg

R2.2.11hashikawa2.jpg

R2.2.11hashikawa7.jpg

写真fuminori  hashikawa

🌸桜会ひざくらえ 参加者募集

竈門神社昇殿参拝 境内史跡解説と

    筑前琵琶演奏「宝満山讃歌」

H31.3.24kamado1.jpg

対談「令和 大宰府梅花 」

旧暦の2月10日 縁結びの神様 宝満宮竈門神社の御祭神 玉依姫命が示現し

上宮が創建されたと伝えられる日を

緋桜会としてお祝いします。

H30.3.25hizakurae.jpg

日時 3月21日(土) 10時~12時   定員 30名

場所 太宰府市内山竈門神社本殿前  参加費 1000円緋桜餅・抹茶付)

 

☆お申し込みはお申し込みフォーム必要事項をご記入の上、お申し込みください。

 

太宰府駅福岡銀行前から巡回バス 9時2分・9時30分が便利

 

筑前琵琶演奏 寺田蝶美

筑前琵琶保存会三代目会主 

竈門神社奉納演奏・坂本八幡宮神戻祭・演劇岩屋城の戦い共演・太宰府音楽祭など太宰府各所で縁の曲を演奏

 

🎶「令和 大宰府梅歌」「宝満山讃歌」 

H31.3.25.1.jpg


玉依姫命と令和のお話 森弘子

玉(魂)と玉(魂)を依り合わせる神様・玉依姫命のお祝いの大宰府梅花の宴・万葉歌を生み出した大宰府の風土の解説本  「大宰府と万葉の歌」著者 森弘子が竈門神社の史跡解説と 大宰府の鬼門除けとされた 宝満山の講話をします。

    対談「令和 大宰府梅花 」

 

H31.3.24yasumoto5.jpg

                                 写真は昨年の緋桜会の様子 

主催:宝満山弘有の会    

共催:名和宗茂社中  筑前琵琶保存会 博多蝶美会  

協力:宝満宮竈門神社・石村萬盛堂

H30.3.25yasumoto1.jpg