• ユーザー 『 homanzankouyu 』 が登録した記事

宝満山十六詣り 参加者募集

十六歳になった女性は良縁、

男性は一生金銭に困らないよう宝満山の神様に祈願をしていました。

02.jpg

429日(木・祝)8:50宝満宮竈門神社集合

参加費:大人1000円(縁結び手ぬぐい・保険代)
小雨決行、大雨の場合は昇殿参拝のみ

✳昼食・飲物持参

要申込

お申し込みはお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

H31.4.14yasumoto6.jpg

03.jpg

H30.4.15yasumoto7.jpg

  H31.4.14yasumoto9.jpg H31.4.14yasumoto8.jpg

宝満宮竈門神社昇殿参拝上宮再会の木愛敬の岩

中宮→下山→竈門神社参拝

 記念の「お祝いイチゴ🍓」をいただきます

H30.4.15yasumoto5.jpg

先達   宝満山修験会

史跡説明 太宰府市教育委員会 山村信榮 

協力  竈門神社、竈門神社氏子会、筑陽学園、宝満山修験会、

    常若の会・楠森堂・加野而青堂、石村萬盛堂、CoRicco

主催  宝満山弘有の会

H31.4.14yasumoto7.jpg

 H31.4.14yasumoto4.jpg

 

kouyu_flag.jpg

 大寒波とか大雪という言葉に敏感に反応してしまう

R3.1.101hashikawa1.jpg

難所ヶ滝でも細かい雪が降っていて寒かったけど、

凄く楽しかった!

R3.1.101hashikawa3.jpg

 ここまで積もることはなかなか無いので、喜んで行ってきました。 

R3.1.101hashikawa4.jpg

R3.1.101hashikawa8.jpg

山頂は吹雪いていてマイナス7度。

ギュッギュッと雪を踏みしめる音が気持ちいい。

R3.1.101hashikawa10.jpg

 シーンとしている空間も気持ちいい。 また行こうっと

R3.1.101hashikawa11.jpg

                                写真fuminori  hashikawa

 

 

 

年末年始の寒波予報に用心しながら、 竈門神社上宮歳旦祭に参列してまいりました。

R3..1.1matuya1.jpg

6時過ぎ頃、上宮に到着。 電灯が不要なほど月明りが冴えておりました。

R3..1.1matuya2.jpg

7時頃、東の空が明るみ、 力漲るようなご来光につつまれ御神事斎行。

R3..1.1matuya3.jpg

 毎年の事ですが、 神職様やお世話いただく氏子様たちに 優しく温かい雰囲気で迎えていただける 幸先良い元旦を過ごさせていただきました。

                      Syhoutoku Matuya

 

🎍 新年あけましておめでとうございます

令和三年元旦。宝満山 初日の出

R3.1.1doi3.jpg

 

R3.1.1doi1.jpg

 

R3.1.1doi2.jpg

昨年はコロナ感染予防のため様々な事業が中止となりました。

平穏な日常が、改めて有り難く感じる時となりました。

R3.1.1doi2.jpg

けう降る雪のいやしけ吉事」

今年も何卒宜しくお願いいたします。

  

R3.1.1doi4.jpg

 

R3.1.1doi5.jpg

  

R3.1.1doi8.jpg 

                                                      Photo /Kazuhiro Doi

 

宝満山が大好きな神吉さんの、12月7日Facebookの投稿です。ご親族の方に了解を頂き、宝満山弘有の会のメンバーとしての足跡を記録させていただきたく掲載致しました。

「宝満山ありがとう」

「ベンチやテーブルを寄贈して頂いた方

 ありがとうございます。」で締めくくられています。

3週間ぶりの宝満山です。 宝満山に登る前に。

竈門神社の紅葉🍁最高

R2.12.7kamiyoshi1.jpg

R2.12.7kamiyoshi2.jpg

R2.12.7kamiyoshi3.jpg

R2.12.7kamiyoshi6.jpg

お山は最高です。

R2.12.7kamiyoshi7.jpg

R2.12.7kamiyoshi8.jpg

R2.12.7kamiyoshi9.jpg

R2.12.7kamiyoshi10.jpg

R2.12.7kamiyoshi11.jpg

R2.12.7kamiyoshi12-1.jpg

R2.12.7kamiyoshi12.jpg

宝満山ありがとう

のんびり山の中を歩き回りました。R2.12.7kamiyoshi13.jpg

この神吉さんは私ではありません。

テーブルやベンチが綺麗になって寄贈して頂いた方ありがとうございます。

           🐎Akiko Kamiyoshi

R2.12.31kamiyoshi1.jpg

R2.12.31kamiyoshi2.jpeg

「神吉章子さんありがとう」

 

 

宝満山が大好きな神吉さんの、Facebook125日投稿です。ご親族の方に了解を頂き、宝満山弘有の会のメンバーとしての足跡を記録させていただきたく掲載致しました。

「宝満山に3週間も登っていない。行かなくては」。と岩屋城跡から宝満山に向かって声をかけ

2日後の7日に宝満山登拝。

 

続けて11日にも導かれるように愛する宝満山を眺めて、行かなくては・・・。

久しぶりに四王寺山に。 岩屋城跡からの宝満山。宝満山にもう3週間のぼっていない。いかなくては。

R2.12.5kamiyoshi1.jpg

R2.12.5kamiyoshi2.jpg

R2.12.5kamiyoshi3.jpg

R2.12.5kamiyoshi4.jpg

R2.12.5kamiyoshi5.jpg

R2.12.5kamiyoshi6.jpg

 鏡池の水ますます減っています。 どんな日照りでも涸れない鏡池なのに。

不安だ

 🐎 Akiko Kamiyoshi

 

1220日14時~【六所宝塔清掃・史跡散策・冬至夕陽拝観】

宝満山を心から愛する先輩であり山の仲間である神吉さんが宝満山でお亡くなりになったことは信じられないことでした

R2.12.20yasumoto1.jpg

宝満山がきれいにみえる六所宝塔。

皆で清掃の後、宝満山伏で博多冷泉町宝照院の大岡副住職から御回向をいただきました。

R2.12.20yasumoto4.jpg

R2.12.20yasumoto2.jpg

R2.12.20yasumoto9.jpg

🐸「宝満山のカエルが可愛い、すごい!」といっておられた神吉さん。

太宰府市民遺産にも認定された宝満のカエルの話をしていただく予定でした。

カエルのその池は輝いてとても綺麗でした。

R2.12.20yasumoto6.jpg

🌄そして冬至の日の夕陽を竈門神社のテラスへ。

R2.12.20yasumoto10.jpgR2.12.20yasumoto7.jpg

数年間みることができなかった冬至の夕陽も今年は拝むことができました。

 日の沈むその先に極楽浄土があるそう。きっとあると思います。数年間みることができなかった冬至の夕陽。

脊振山に沈むちょうどその瞬間、輝きが増したような気がしました。

                     Tamiko Yasumoto

 

🐸40日かけて宝満山頂上へ登山するヒキガエル🗻

太宰府市民遺産に認定

 

R2.12.19doi2.jpeg

六所宝塔下にある池で産卵し、

オタマジャクシからカエルに成長

 R2.12.19doi3.jpeg

その成長したカエルは上を目指して、ついに宝満山上宮へ

R2.12.19doi4.jpeg

R2.12.19doi5.jpeg

これは大人になったカエルでしょうか🐸

池に戻るために下山?

R2.12.19doi6.jpeg

R2.12.19doi7.jpeg

                      Kazuhiro Doi

R2.12.19kaeru.JPG

 

宝満山麓 六所宝塔清掃

史跡散策 

🌇冬至夕陽拝観

お申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

H30.11.23hashikawa1.jpg

R1.9.29rokusyo6.jpg

教大師最澄ゆかりの六所宝塔跡の解説・

不滅の法灯の話を聞き、清掃をします。 

2月20日(日) 14時~17

集合場所  宝満宮竈門神社本殿前    

参加費  500円  参加人数  20名  

歩きやすい服装  清掃道具(ビニール袋・手袋等)持参

申込方法

お申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

または、 カフェ観音(観世音寺前)  

FAX921-0305

R21220rokusyo2.jpg


太宰府市民遺産に認定された「宝満山のヒキガエル🐸の池や

H29.6.18yoshida5.jpg

H29.6.18yoshida6.jpg

R21220kaeruike.jpg

歌碑巡りをしながら下山。

宝満宮竈門神社から冬至の日に背振山頂に沈む夕陽を眺め、

年納めの拝観をします。

h2912231714.jpg