チビガエルに会いに宝満山に登ってきましたが残念ながら会えたのはたった3匹だけ。
H30.6.13kamiyoshi1.jpg
乾燥して良い天気なので落ち葉の陰で休んでいるのでしょう
H30.6.13kamiyoshi2.jpg

H30.6.13kamiyoshi4.jpg

イチヤクソウはまだまだ蕾。

H30.6.13kamiyoshi5.jpg

キツツキ カミキリ虫さんの穴?も発見

  なにかな~ ☆彡

H30.6.13kamiyoshi13.jpg

写真Akiko Kamiyoshi  

チビガエルに会いに宝満山へ🐸
H30.6.12kamiyoshi1.jpg
沢山のチビガエルに会えました
H30.6.12kamiyoshi2.jpg
登り途中では先頭の子は5合目の上3メートル程の

所だったのに

下山の時はもう6合目の所まで来てました
H30.6.12kamiyoshi3.jpg
小さな体で登っているのを見ると
エールを送らずにはいられません。

写真  Akiko Kamiyoshi 

雨上がりの宝満山

H30.6.9hashikawa1.jpg

風が吹かず蒸し暑かったぁ ι(´Д`υ)アツィー

全身の毛穴から汗が吹き出ました
岩陰に隠れたのはいいけど、シッポだけ出してるトカゲや30センチ位あるミミズ Σ(・□・;)

H30.6.9hashikawa2.jpg

 

日頃見ない生物が見られました
H30.6.9hashikawa43.jpg
九州自然歩道管轄のK島君

登山道は異常ありませんでしたよ(笑)

写真fuminori  hashikawa

宝満山修験会により採燈大護摩供

527日(日) 1030分~

例年のように5月の最終日曜日、

宝満宮竈門神社境内で宝満山修験会により採燈大護摩供が厳修されました。

 採燈大護摩供は修験道最大の修法です。

次第 採燈大護摩供奉納奉告祭 筑前琵琶奉納

   入場、神殿より忌火入場、山伏問答、法弓の儀、法剣の儀、

   法斧の儀、閼伽の儀、法螺の儀、松明により護摩壇に点火

   採燈師作法(火天段、本尊段、諸尊段)

   添護摩木祈祷

   破壇作法

    火生三昧

H30.5.27ogano23.jpg

H30.5.27ogano3.jpg

 H30.5.27ogano14.jpg

H30.5.27ogano9.jpg

H30.5.27ogano12.jpg

H30.5.27ogano15.jpg

  H30.5.27ogano20.jpg

H30.5.27ogano2.jpg

H30.5.27ogano22.jpg

 H30.5.27ogano8.jpg

 H30.5.27ogano19.jpg

  H30.5.27ogano21.jpg

不動明王の智慧の火によって、煩悩を焼き尽くす〈火生三昧耶法〉

H30.5.27ogano17.jpg

「火生三昧」…「火渡り」の神事が行われ、除災招福を願います

H30.5.27ogano13.jpg

H30.5.27ogano18.jpg

 

新緑滴る竈門神社

H30.5.27ogano5.jpg

H30.5.27ogano11.jpg

 H30.5.27ogano4.jpg

  写真 小鹿野亮

今日も、天気良いですね

H30.5.21yoshida2.jpg

 

H30.5.21yoshida10.jpg
H30.5.21yoshida1.jpg

 

H30.5.9yoshoda14.jpg

H30.5.21yoshida5.jpg

H30.5.21yoshida7.jpg

H30.5.21yoshida9.jpg

H30.5.21yoshida14.jpg

昨日、宝満山を散歩してきました😊

久々の昼間を💦やはり山登りの方が多かったです😅
H30.5.21yoshida12.jpg 

H30.5.21yoshida8.jpg

楽しい山登りでした!
H30.5.21yoshida11.jpg
ボチボチ頑張って行きましょ〜
😁👍

  撮影 kouji  yoshida

 

 

宝満山「入」が513日行われました

H30.5.14minairi1.jpg

本日、宝満山修験会による第37回「宝満山峰入」が行われました。

H30.5.14minairi2.jpg

H30.5.14minairi3.jpg

緑の中に響く法螺貝

H30.5.14minairi4.jpg

山伏問答や山伏作法

H30.5.14minairi5.jpg

H30.5.14minairi6.jpg

5月27日には竈門神社境内において「採燈大護摩供」行われます。

 

H30.5.9yoshoda1.jpg

H30.5.9yoshoda12.jpg 

H30.5.9yoshoda18.jpg

しぶりに、宝満山に登りました

やはり、宝満山は素晴らしい…💖

木の切り株の上に花を添えてくれた登山者の優しさ…

H30.5.9yoshoda3.jpgH30.5.9yoshoda4.jpgH30.5.9yoshoda6.jpg
H30.5.9yoshoda10.jpg

😀上から見る景色と山道の景色、

H30.5.9yoshoda11jpg.jpg

 

し満載の楽しい、嬉しい、そしてキツイ(笑)

山登りでした

H30.5.9yoshoda19.jpg

世話になりました宝満山の神様…😊🙇

H30.5.9yoshoda13.jpgH30.5.9yoshoda17jpg.jpg

 

撮影 kouji  yoshida

 

 

 

昨日からの大雨も上がり、今回5回目となる十六詣りが行われました。

H30.4.15.jpg

この行事は平成25年の竈門神社1350年大祭を祈念して復興され、今年は中学2年生から高校3年生までの男女35名が久留米絣の短着やテクリ姿という昔ながらの装束に身を包み元気に頂上を目指しました。保護者や宝満山修験会・宝満山弘有の会も含めて総勢60名の登拝です。

H30.4.15yasumoto5.jpg

先達山伏の法螺貝が新緑の宝満山に木霊す中、途中には六所宝塔跡や中宮跡などで史跡解説も行われました。

H30.4.15yasumoto8.jpg

H30.4.15yasumoto6.jpg

十六歳になった男の子は一生お金に不自由しないように、女の子は良縁に恵まれますように、宝満山頂上の上宮で祈願を受けた後、頂上にある再会の木に願い事を書いたこよりを結います。

H30.4.15yasumoto9.jpg

一人一人が真剣に将来の夢や願いをこよりにしたため、再会の木に結んで奉納しました。

H30.4.15yasumoto7.jpg

愛敬の岩では、目隠しをして岩までたどり着けると思いが叶うとされると聞き、積極的に行うのは女子が多く男子は後ろから微笑んでいる姿が印象的。

H30.4.15yasumoto10.jpg

 

下山後は、常若の会による赤飯 紅白なます ダブ汁。 お代わりをする子もいるほど

大変おいしくいただきました。

H30.4.15yasumoto13.jpg

 

昔は着ていた着物は洗わずに田植えの時に着て、山の神様の恵みを受けていたそうです。



16
歳の成人儀礼を終えた皆さんたちがお父さんお母さんになって、自分の子供をまた十六参りに送り出してくれたらいいな、と思いました。(*^_^*)

協力:宝満宮竈門神社  宝満山修験会 石村萬盛堂 常若の会

主催:宝満山弘有の会