(^^♪  紅葉を見に竈門神社門神社と宝満山へ 

H30.11.7hashikawa5.jpg

天気も良くて癒されました( ^^) _U~~

H30.11.7hashikawa1.jpg

H30.11.7hashikawa2.jpg

H30.11.7hashikawa6.jpg

山頂の温度計が壊れてて36度を指してたのは、

ご愛嬌(‘’)

 

H30.11.7hashikawa7.jpg
みなさ~ん、宝満山に登ってみませんか~ 

 H30.11.7hashikawa3.jpg

写真fuminori  hashikawa

 

 

 


朝少し時間が出来たのでさら〜っ(#^^#)

宝満山

H30.10.13miyahara1.jpg
気持ちいい日でした。

↓古処山と英彦山

H30.10.13miyahara5.jpg

↓耳納連山

H30.10.13miyahara2.jpg

雲仙普賢岳も見えました。

H30.10.13miyahara3.jpg

 ↓好きな木

H30.10.13miyahara4.jpg

 人も多かった(^.^)/~~~

H30.10.13miyahara6.jpg

 こんな日は山がサイコー

写真 tutomu miyahara

 

 

山友と宝満山へ。

竃門神社では結婚式が執り行われていました。
おめでとう お幸せに

H30.10.7kamiyoshi1.jpg

愛嶽山を経由して行者道 。

 

H30.10.7kamiyoshi2.jpg

H30.10.7kamiyoshi3.jpg

竃門岩で絶景を二人占めしながらのんびり昼食。

下山は大谷尾根道からカモシカ旧道。
何と
台風25号の影響で愛嶽山の赤い鳥居が倒れていました。

H30.10.7kamiyoshi4.jpg

登りは暑さで、いつもより時間がかかったが、下山は速い。🐎写真Akiko Kamiyoshi 

 

 

 

 

 

素敵な青空に誘われて宝満山に登ってきた。
H30.9.28kamiyoshi1.jpg

H30.9.28kamiyoshi7.jpg

久しぶりに鳥越峠通ったらベンチが新しい。

H30.9.28kamiyoshi2.jpg

法城窟ではお休み中のコウモリさんが7匹も

H30.9.28kamiyoshi4.jpg

 

🐎写真Akiko Kamiyoshi 

 

 

初秋の雰囲気が、日々感じられるようになりましたね😊

H30.9.24yoshida3.jpg
久しぶりに宝満山のご来光を見に😅💦
H30.9.24yoshida2.jpg
日々忙しく、山登りが遠のいておりましたが、やっと登る気力と勇気が😅💦

H30.9.24yoshida5.jpg

久々の宝満山は、容赦ない急高の連続、また自分自身を試される石段😅💦

H30.9.24yoshida8.jpg

 

H30.9.24yoshida6.jpg

そのおかげで、体内から塩分を吐き出す事も出来、精神的な部分の弱さも改めて鍛え治して頂きました

その甲斐あってか
😅

ご褒美のご来光も一瞬でしたが

拝ませて頂きました😍H30.9.24yoshida2.jpgH30.9.24yoshida4.jpg😅

宝満山はキツイですが、健康になれるお山です😊
宝満山、ありがとう!😌
元気になりました!😆💪
H30.9.24yoshida7.jpg

 撮影 kouji  yoshida

親睦会+宝満山清掃

山頂から夜景☆彡観賞

朝陽

🎶窟 ピンスポットめぐり

106日(土)16:00以降~キャンプ場-座主跡

       都合の良い時間に各自集合

        食事をしながら親睦会

        上宮から夜景観賞

10月7日(日) 朝陽拝 朝食

        窟めぐり 清掃  昼頃下山

参加費 1,000円(キャンプ場小屋使用料含) 

※シュラフ・飲物食べ物各自持参

年に1度の宝満山キャンプ場での親睦会 

どなたでも参加できます。 

山小屋使用の為、人数を把握しますので 

事前要申し込み 

 

yakei.JPG

H29.9.9miyahara4.jpg

朝陽

asahi.JPG

 

 

「激突!維新功績ランキング」(要申込)

維新の功績者をめぐって、講師陣が自説で討論します
日時:915日(土)13時半~15時半 
於:太宰府天満宮余香殿
講師:
【西郷隆盛】一瀬智氏(九州国立博物館主任研究員)

【坂本龍馬】宮崎亮一氏(太宰府市教育委員会文化財課)

【高杉晋作】谷川佳枝子氏(歴史家)

【徳川慶喜】味酒安則(太宰府天満宮禰宜)

この里の 垣根に花は 咲きながら 御笠の山は 雪ぞ降りたる

のぼりつる 雲の梯 跡絶えて 夢にみかさの 山と知りぬる

三条実美

『維新起原太宰府紀念編』より

 これは、幕末期、尊王攘夷派の公家三条実美が宝満山について詠んだ和歌です。

H30.8.25tennmanngu1.jpg

京都から太宰府延寿王院へ入った五卿は、「王政復古」までの約三年の滞在の間に宝満山へ登山しており、五卿の日記には、「幽叡清渓、可愛」、「当山遠望驚目に足る、実に神霊絶妙の境地、揮禿毫耐えざる者也」、「霜葉満山、実に京洛亀嵐高雄の光景にも恥じず」など、宝満山の情景を褒める言葉が残っています

いつの時代にも宝満山は美しく、愛されていたことがわかります

【申込方法】
「太宰府幕末展講演会申込」の件名にて、氏名・電話番号・参加人数を明記の上、FAXまたはメールにてお申込みください。
FAX/092-920-5556
メール/kenkyusyo@dazaifutenmangu.or.jp

 

 「明治維新150年太宰府幕末展」開催中

会期:~1125日(日)迄、休館日:月曜(祝日開館)

三条実美ら五卿の和歌、西郷隆盛、高杉晋作、月形洗蔵ら幕末の志士たちの手紙など約80点の資料が公開中です
また、音声ガイドは、俳優の青木崇高さん(NHK大河ドラマ「西郷どん」島津久光役)がナビゲーターを務めています。
9
15日(土)の講演会とあわせて、ぜひ「太宰府幕末展」へ。

【展覧会、講演会のお問い合わせ】
太宰府天満宮文化研究所 電話/092-922-8225(代)

H30.8.25tennmanngu2.jpg

H30.8.25tennmanngu3.jpg