gomaku14.JPG

例年のように5月の最終日曜日、宝満宮竈門神社境内で宝満山修験会により採燈大護摩供が厳修されます。

採燈大護摩供は修験道最大の修法です。

護摩供に引き続き火生三昧(火渡りの法)もあります。

どなたでも参加出来ます。お誘い合わせの上、新緑滴る竈門神社においでください。

日時 5月29日(日)10時30分~

次第 採燈大護摩供奉納奉告祭 筑前琵琶福岡旭会による「竈門山」奉納

   入場、神殿より忌火入場、山伏問答、法弓の儀、法剣の儀、

   法斧の儀、閼伽の儀、法螺の儀、松明により護摩壇に点火

   採燈師作法(火天段、本尊段、諸尊段)

   添護摩木祈祷

   破壇作法

   火生三昧gomaku11.JPG

六合目の赤い橋の修理のための資材運搬のお手伝いをしました。

06.jpg

  (六合目に到着。お疲れ様~)

 

この橋は、平成3年の台風で地崩れがあり、この場所を通ることが危険になったため、西鉄山友会の方が造ってくださった橋です。

04.jpg

  (西鉄山友会の伊藤さんと

 

宝満山に登る人は誰もがお世話になる橋です。

造られてから2~3回修理をしてこられましたが、「今後この橋の修理は叶わない。このまま放置すれば事故にもつながりかねない」と、撤去を申し出られました。それを聞いた太宰府市観光課の方が奔走し、応急手当がなされることとなりました。資材持ち上げの協力要請を戴いた宝満山弘有の会も資材持ち上げや、一の鳥居での登山者への呼びかけに協力させていただきました。
01.jpg

  (老朽化した赤い橋

  

声かけをした登山者で断られる方はなく、30分ほどで一の鳥居前から、全ての資材が運ばれていきました。 03.jpg

  (皆が運び上げた資材

 

大きい物は、長さ4mの短管やハシゴ、5㎏に小分けしたセメントなど、小学生も自分の持てるものを持って参加してくれました。

宝満山を愛する人が、皆でこの作業に関わることができたのは素晴らしいことでした。

みなさん、お疲れ様。有り難うございました。

05.jpg

   (ケーブルテレビのインタビューもありました

資材運搬のお手伝いを宝満山弘有の会と山の図書館は協力します。

 

 5月22日(日)8時半~ 参加時間:自由

一の鳥居に資材を乗せたトラック(目印は宝満山弘有の会の旗)があり、スタッフがいます。

13226774_1694342070818651_7336187561753653446_n.jpg

ここからセメント・短菅・ジョイント類を赤い橋(6合目)まで運び、手すりを補修します。

事前申込不要。もちろん参加費無料。

ご褒美は新緑の恵と鳥の声。

皆で、宝満山を大切にしていきましょう。

20160510153441.jpg

こんにちは。

私は太宰府市で観光の仕事に携わらせていただいております。児嶋と申します。

私は昨年の十六詣りより宝満山弘有の会に参加させていただいております。

現在、6合目の「赤い橋」の手すりが老朽化しております。

手すり部分を市のほうで交換したいと考えています。

そこで、弘有の会のみなさんに資材の運搬をお願いします!

下記に概要を記載します。

追伸)森先生より「今まで参加されていない方々もご参加ください」

よろしくお願いします!

                     記

日     :5月22日(日)

時     :8時30分から

運ぶもの :一の鳥居(二合目)から赤い橋(6合目)

       手すりに使う短管(長いもので4m)

       単管をつなぐジョイント類(あらかじめ袋詰めしています)

       セメント(5kgに小分けします)

必要人数 :約20人

20160510153441.jpg

4月24日(日)、復活して3回目の「十六詣り」を実施しました。

朝8時30分の集合時には、少しお天気が危ぶまれましたが、上宮に着く頃にはお日様も顔を出し、楽しい十六詣りが出来ました。

今年の参加者は、男子7人、女子11人。それに小学生の百々葉ちゃん、美櫻ちゃんも元気に登拝しました。

大人の参加は19人でした。

01.jpg

   (出発前に竈門神社で全員集合)

 

02.jpg

  (急な石段が続く山道)

 

03.jpg

  (上宮に到着して参拝)

 

04.jpg 05.jpg

  (願いを込めて縁結びのこよりを木に結びつける)

 

 06.jpg

07.jpg   (愛敬の岩で恋占い。目隠しして岩に当たると恋が叶う…かも)

 

08.jpg

  (女道にはしゃくなげの花が満開)

 

09.jpg

10.jpg

  (直会のお食事は常若の会の皆さんが準備してくれました)

12832513_1676786299240895_2082130258973556931_n.jpg

十六歳になった男女が、宝満山の上宮に参詣し、これまでの成長をお守り下さったことへ御礼を宝満山の神様に申しあげ、女は良縁を得ることを、男は一生金銭に困らないようにと祈願しました。十六歳は成人になったとされる年齢で、宝満山への十六詣りが終わると、村の成員として迎えられ、宴会が行われました。

戦後、学制の変化や成人年齢が二十歳になった事、村落共同体の崩壊などによって、この行事も次第に行われなくなりました。宝満山弘有の会では、一昨年、十六詣りを皆様のご協力で復活しました。

今年は下記の要項で第3回目を実施します。大人の参加者を募集いたします。

12512665_1676786315907560_4534268381251503649_n.jpg

実施日:平成28年4月24日(日)830分 竈門神社社務所集合 ※小雨決行

830  本殿でお祓いの後出発

      正面登拝道六所宝塔跡中宮跡男道上宮

1100 座主跡キャンプセンター(弁当)

      再会の木愛敬の岩東院谷中宮跡下山

  1400 竈門神社参拝後、直会 昨年のメニュー: 赤飯、紅白ナマス、ダブ他

参加費:16歳以下は無料、大人1,000円 

主催:宝満山弘有の会

協力:竈門神社、竈門神社氏子会、宝満山修験会、常若の会(直会食)、NPO法人古都太宰府の風を育む会(食器製作)

image3.jpg

竹の器に赤飯が盛られて常若の会からお祝いの膳が準備されます。

一緒に十六歳のお祝いをいたしましょう。

 

大人の参加希望者の申し込みはお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

 

 

 旧暦の2月10日、玉依姫様が示現し上宮が創健されたと伝えられる日を緋桜会(ひざくらえ)としてお祝いします。

緋桜会の祝の始まりに参加者全員で竈門神社に昇殿参拝をします。日頃は開放していない斎館をお借りして「宝満山歴史散歩」の著者 森弘子先生の講話、「玉依姫様のお話」と史跡散策。緋桜餅と抹茶をいただき竈門の春を満喫します。

日時:3月20日(日)  10時~12時 (要申込)

集合:竈門神社本殿前

参加費:1,000 円(緋桜餅・抹茶付)

参加人数:30 名

お申し込みはお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

20160320.jpg

 

 

hizakurae1rino9.jpg

  

hizakurae1rino10.jpg

竈門神社、社務所下のテラスに紅白幕を張り野点をいたします。

立礼席です。どうぞ気軽にお立ち寄りください。

日時:3月20日(日)  12時~15:00頃 (申込不要 当日自由参加)

場所:竈門神社社務所下テラス

緋桜餅・抹茶代:500 円

協力:名和社中・石村萬盛堂・三十三茶屋

 

hizakurae1rino7.jpg

 hizakurae1rino8.jpg

日時:3月19日(土)  8時~17時   (要申込)

定員:15人

参加費:500円 

持参:昼食・飲み物・懐中電灯・雨具

内容:

一人では巡る機会の少ない修験の山・宝満山中の七窟を訪ねて歩きます。修験僧の息吹を感じながら、足跡を辿ることで奥の深い信仰の山が体感できます。長い時間、宝満山中を歩きます。宝満山2往復できるくらいの体力が必要です。

雨天時の判断:前日18:55 NHK天気予報50%以上で中止とします。

お申し込みはお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

 

 

《宝満山 五井七窟とは

山中には五井七窟と言われる修行で使われたとされる秘所、

五つの井戸、七つの岩屋の窟が点在しています。

五井は水害で崩壊したり、場所が不明だったりする場所もありますが

七窟は現在でも全ての窟が現存していて、実際に足を踏み入れる事ができます。

先週、一日で七窟を回ってきましたのでルートを振り返ってみたいと思います。

 

1、福城窟

正面登山道(男道)8合目の先で「益影の井」の分岐を右に谷沿いに下った場所にあります。

 

nanakutu-fukujokutu.jpg

 

2、宝塔窟(伝教大師窟)

正面登山道中宮跡の先の分岐を羅漢道に向かい、羅漢道のルートを進むと看板があり。窟は右方面に少し登った所にあります

nanakutu-houtoukutu.jpg

 

3、釜蓋窟

宝満山から三郡山への縦走路へと向かい、仏頂山の手前をうさぎ道の方に進みます。

200~300メートル程進んだ地点で登山道を逸れ、赤テープを頼りに左側の尾根を少し下った地点にあります。

nanakutu-kamafutakutu.jpg

nanakutu-kamafutakutu2.jpg

 

4、普池の窟

猫谷川新道の8合目あたりにあります。

nanakutu-fujinokutu.jpg

 

5、剣の窟

猫谷川新道の上部にあります。つりぶね岩を下に回りこんだ地点です。

nanakutu-kennnokutu.jpg

 

6、法城窟

キャンプセンターから女道を下ってる途中に右手に登山道を逸れます。古い看板の案内があります

nanakutu-hojokutu.jpg

nanakutu-hojokutu2.jpg

 

7、大南窟

かもしか旧道から登ってたどり着く方法とかもしか新道から下って至る方法がありますが危険を伴う箇所もありますので、細心の注意が必要です。

nanakutu-dainankutu.jpg

 

最後にGPSデータをもとに全体のおおよその位置を記します。

nanakutu.jpg

 

最後に・・

七窟めぐりは一度に全部をまわるとなるとルートを把握できていても

普通に宝満山に登る倍位の体力が必要です。

さらに、登山道を外れる箇所もありますので道迷い、遭難、滑落等の危険が高くなります。

できれば最初は経験者の人と一緒に行っていただければと思います。

宝満山弘有の会でも秋ごろに七窟ツアーを企画したいと思っています!

01.jpg

何十年に一度の寒波が来たとのことで、今日は宝満山のおとなり、仏頂山から向かって北にある河原谷の難所ヶ滝に行ってきました。

難所ヶ滝のある河原谷へは宇美町の昭和の森から登るコースが一般的。

今回は、登山口までのアクセスが大変で登山道に至るまでの林道歩きも長いため、竈門神社から宝満登山道をたどり内山林道の途中からうさぎ道経由で河原谷へ。このルート、おススメです。

久々の雪山歩きを楽しみつつ数年来のボリュームのある難所ヶ滝。

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

(文と写真:Kazuhiro Doi)