• ユーザー 『 homanzankouyu 』 が登録した記事

新型コロナウイルス感染拡大防止のため4月26日に予定していた十六詣りは中止と致します。

今年、登拝できなかった十六歳の参加予定の皆さんは、来年一緒にお詣りをしましょう。

昨年の十六詣りを紹介します。

🌸昔、成人儀礼として宝満山に揃って登拝した十六詣り。

十六歳で昔は成人。村の子たちは宝満山伏とともにそのことを宝満山の神様に報告に詣っていました。

いつしか途絶えていた十六詣りですが、復興して6回目。

森弘子先生と宝満山伏さん、宝満山弘有の会、常若の会、そして何より竈門神社のお力によって、今また行われています。

H31.4.14yasumoto1.jpg

 H31.4.14okadetra4.jpg

「今日から皆さんは大人の仲間になります。その報告を宝満の神様にしに行くのです。」と宝満山伏の石橋さんがお話しされると、キリリとした空気が流れます。

H31.4.14yasumoto9.jpg

H31.4.14yasumoto5.jpg

H31.4.14yasumoto2.jpg

H31.4.14yasumoto6.jpg

H31.4.14yasumoto10.jpg

宝満の神様玉依姫様は水の神様だそうで、

宝満から流れでる水が田畑を豊かに潤してきました。H31.4.14yasumoto3.jpg

今日はまさにその雨の宝満。霧でちょっと先も見えないくらい。雨で濡れ寒さもありましたが、みんな元気に登りきりました。H31.4.14yasumoto7.jpg

上宮でお経が唱えられ、みんな自分の夢や願いをこよりに書いて山頂の木に結ぶ。H31.4.14yasumoto4.jpg

H31.4.14yasumoto11.jpg

霧雨の中の登山、寒さで辛い登山でしたが、お天気の日には見れない幻想的な世界が広がっていました。まさに水の神様を姿みたようでした。H31.4.14yasumoto8.jpg

竈門神社に戻ってきてから常若の会の皆さんが作ってくれたお祝いの膳、

特にダブという郷土料理は何杯もお代わりして、美味しかったようですね。H31.4.14okadetra2.jpg

「宝満を登るのは厳しくきついです。そのきつい経験がきっと大人になって役に立つ時がきますよ。」と竈門神社の神職馬場さんから、お言葉をいただきました。

H31.4.14yasumoto12.jpg

皆さんがいいご縁で結ばれたことと思います。

ありがとうございました。

H31.4.14okadetra1.jpg

いろんな意味で、多くの事を体験し、学んだ十六詣り。

 

神様に誓った目標目指して、立派な大人になってくださいね。

新型コロナウイルス感染拡大防止

のため中止と致します。

🌸桜会ひざくらえ

緋桜満開の頃、残念ですが来年を

お楽しみにお待ちください。

H30.3.25hizakurae.jpg

 竈門神社昇殿参拝 境内史跡解説と

筑前琵琶演奏「宝満山讃歌」

対談「令和 大宰府梅花 」

旧暦の2月10日 縁結びの神様 宝満宮竈門神社の御祭神 玉依姫命が示現し

上宮が創建されたと伝えられる日を

緋桜会としてお祝いします。

日時 3月21日(土) 10時~12時   定員 30名

 場所 太宰府市内山竈門神社本殿前  参加費 1000円緋桜餅・抹茶付)

 

筑前琵琶演奏 寺田蝶美

筑前琵琶保存会三代目会主 

竈門神社奉納演奏・坂本八幡宮神戻祭・演劇岩屋城の戦い共演・太宰府音楽祭など太宰府各所で縁の曲を演奏

 

🎶「令和 大宰府梅歌」「宝満山讃歌」 

H31.3.25.1.jpg


玉依姫命と令和のお話 森弘子

玉(魂)と玉(魂)を依り合わせる神様・玉依姫命のお祝いの大宰府梅花の宴・万葉歌を生み出した大宰府の風土の解説本  「大宰府と万葉の歌」著者 森弘子が竈門神社の史跡解説と 大宰府の鬼門除けとされた 宝満山の講話をします。

    対談「令和 大宰府梅花 」

 

H31.3.24yasumoto5.jpg

                                 写真は昨年の緋桜会の様子 

主催:宝満山弘有の会    

共催:名和宗茂社中  筑前琵琶保存会 博多蝶美会  

協力:宝満宮竈門神社・石村萬盛堂

H30.3.25yasumoto1.jpg

 

 

 

皆さん、ご無沙汰しております。

R2.2.23yoshida1.jpg

 今日は、今年3回目の宝満山。

R2.2.23yoshida2.jpg

 久々の春日和の朝日と、自然の景色に癒されて、

楽しい嬉しい山登りでした。

R2.2.23yoshida15.jpg

R2.2.23yoshida3.jpg

 まだまだ、本調子の体ではありませんが、

宝満山の神々に少しずつ治して頂いています。

R2.2.23yoshida4.jpg

R2.2.23yoshida5.jpg

R2.2.23yoshida7.jpg

R2.2.23yoshida8.jpg

宝満山からの朝日🌅

R2.2.23yoshida9.jpg

R2.2.23yoshida11.jpg

R2.2.23yoshida13.jpg

そして朝日を浴びる木々🌳

R2.2.23yoshida14.jpg

R2.2.23yoshida16.jpg

あと珍しく普賢岳も見ることが出来て、

沢山のご褒美を頂きました。

R2.2.23yoshida10.jpg

 R2.2.23yoshida6.jpg

R2.2.23yoshida12.jpg

R2.2.23yoshida18.jpg

R2.2.23yoshida20.jpg

感謝した一日となりました🌸

R2.2.23yoshida17.jpg

R2.2.23yoshida19.jpg

撮影 kouji  yoshida

 

 念願の宝満山七窟1日巡り

🌸河津桜に見送られ竈門神社6人でお詣り

「行ってきまぁす」

R2.2.22nanakutu5.jpg

羅漢道 金剛兵衛窟 式部稲荷奥の院

R2.2.22nanakutu6.jpg

1宝塔窟(伝教大師窟)→羅漢道入口→

R2.2.22nanakutu3.jpg

益影の井→水に顔を映すと若返るR2.2.22nanakutu1.jpg

2福城窟→3法城窟→キャンプセンター4釜蓋窟→

R2.2.22nanakutu2.jpg

R2.2.22nanakutu8.jpg

5普地の窟 →

R2.2.22nanakutu9.jpg

6剣窟 釣舟の岩→あれが「八大龍王」R2.2.22nanakutu4.jpg

R2.2.22nanakutu11.jpg

R2.2.22nanakutu10.jpg

7大南窟→

 R2.2.22nanakutu12.jpg

かもしか新道→竈門神社「ただいま~」

📖「鬼滅の刃 」ファンが沢山お詣りです

🖍カラフルマジックで竈門神社は

さながら絵馬アートギャラリー

R2.2.22nanakutu13.jpg

ご案内ありがとうございました。

素晴らしい1日。やみつきになりそう

筋肉痛~・・・

 

 

頭巾山城とっきんざん探 訪 要申込

宝満山には、戦国時代の山城

 

がいくつか残されています。

宝満山と三郡山の間の頭巾山

にある 頭巾山城を目指します。R2.3.20okadeta2.jpg

                   太宰府市五条いきいき情報センター屋上からの風景

曲輪や堀切など、かつての城の痕跡を一緒に探してみましょう。現地調査を元にした城館研究の視点から探訪します。

 

日時:月20日(金・祝)  9時~16時   定員:15人 

講師 史跡案内 / 岡寺 良  (九州歴史資料館学芸員)

参加費:500円      集合場所:竈門神社本殿前

持参:昼食・飲み物・雨具

雨天時の判断:前日1855 NHK天気予報50%以上で中止とします。

お申し込みはお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

太宰府駅福岡銀行前から巡回バス 9時2分・9時32分が便利 

天気も良かったので宝満山

山頂に近づいてくると先週降ったのか

木陰に雪が残っていました。

R2.2.11hashikawa4.jpg

R2.2.11hashikawa6.jpg

参考までに一昨年の宝満山 ↓1月

H30.1.13hashikawa2.jpg

H30.1.13hashikawa3.jpg

一昨年の宝満山 ↓2月

H30.1.13hashikawa6.jpg

H30.2.12hashikawa2.jpg

しかし、今年は暖かすぎて難所ヶ滝の氷

は見られないかもね。R2.2.11hashikawa1.jpg

R2.2.11hashikawa2.jpg

R2.2.11hashikawa7.jpg

写真fuminori  hashikawa

🌸桜会ひざくらえ 参加者募集

竈門神社昇殿参拝 境内史跡解説と

    筑前琵琶演奏「宝満山讃歌」

H31.3.24kamado1.jpg

対談「令和 大宰府梅花 」

旧暦の2月10日 縁結びの神様 宝満宮竈門神社の御祭神 玉依姫命が示現し

上宮が創建されたと伝えられる日を

緋桜会としてお祝いします。

H30.3.25hizakurae.jpg

日時 3月21日(土) 10時~12時   定員 30名

場所 太宰府市内山竈門神社本殿前  参加費 1000円緋桜餅・抹茶付)

 

☆お申し込みはお申し込みフォーム必要事項をご記入の上、お申し込みください。

 

太宰府駅福岡銀行前から巡回バス 9時2分・9時30分が便利

 

筑前琵琶演奏 寺田蝶美

筑前琵琶保存会三代目会主 

竈門神社奉納演奏・坂本八幡宮神戻祭・演劇岩屋城の戦い共演・太宰府音楽祭など太宰府各所で縁の曲を演奏

 

🎶「令和 大宰府梅歌」「宝満山讃歌」 

H31.3.25.1.jpg


玉依姫命と令和のお話 森弘子

玉(魂)と玉(魂)を依り合わせる神様・玉依姫命のお祝いの大宰府梅花の宴・万葉歌を生み出した大宰府の風土の解説本  「大宰府と万葉の歌」著者 森弘子が竈門神社の史跡解説と 大宰府の鬼門除けとされた 宝満山の講話をします。

    対談「令和 大宰府梅花 」

 

H31.3.24yasumoto5.jpg

                                 写真は昨年の緋桜会の様子 

主催:宝満山弘有の会    

共催:名和宗茂社中  筑前琵琶保存会 博多蝶美会  

協力:宝満宮竈門神社・石村萬盛堂

H30.3.25yasumoto1.jpg