宝満山修験会により採燈大護摩供 | 宝満山弘有の会

宝満山修験会により採燈大護摩供

527日(日) 1030分~

例年のように5月の最終日曜日、

宝満宮竈門神社境内で宝満山修験会により採燈大護摩供が厳修されました。

 採燈大護摩供は修験道最大の修法です。

次第 採燈大護摩供奉納奉告祭 筑前琵琶奉納

   入場、神殿より忌火入場、山伏問答、法弓の儀、法剣の儀、

   法斧の儀、閼伽の儀、法螺の儀、松明により護摩壇に点火

   採燈師作法(火天段、本尊段、諸尊段)

   添護摩木祈祷

   破壇作法

    火生三昧

H30.5.27ogano23.jpg

H30.5.27ogano3.jpg

 H30.5.27ogano14.jpg

H30.5.27ogano9.jpg

H30.5.27ogano12.jpg

H30.5.27ogano15.jpg

  H30.5.27ogano20.jpg

H30.5.27ogano2.jpg

H30.5.27ogano22.jpg

 H30.5.27ogano8.jpg

 H30.5.27ogano19.jpg

  H30.5.27ogano21.jpg

不動明王の智慧の火によって、煩悩を焼き尽くす〈火生三昧耶法〉

H30.5.27ogano17.jpg

「火生三昧」…「火渡り」の神事が行われ、除災招福を願います

H30.5.27ogano13.jpg

H30.5.27ogano18.jpg

 

新緑滴る竈門神社

H30.5.27ogano5.jpg

H30.5.27ogano11.jpg

 H30.5.27ogano4.jpg

  写真 小鹿野亮